リンクをコピーしました

楽天モバイルの本気! 新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」に迫る

Suite WEB 編集部

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー

「1GBまでなら0円」の衝撃

楽天モバイルは2021年1月29日、月額2980円で自社エリア内でのデータ通信が使い放題という、新料金プラン「RAKUTEN UN-LIMIT VI」(楽天アンリミット6)を発表した。3段階制の料金プランで構成されており、月額料金価格で、ドコモが発表した新料金プラン「ahamo」をはじめとする、大手キャリアの格安プランのさらに下を攻める価格設定となっている。

まず目を引くのは、「月のデータ使用量1GB以下は無料」という思い切った料金設定だ。キャンペーンなどの適用がなくても1GB以下であれば通信量がかからないというのはかなり画期的で、制限がありながらも無料の適用範囲を残すことでユーザー離れを少しでも阻止することを目的とした思惑も窺える。

しかし、注意したいポイントもあり、1GB以下で無料(※ユニバーサルサービス料は別途)になるのは1回線目のみで、2回線以降は1GB以下でも月額980円が発生する。

楽天モバイルが打ち出す、競合を意識した料金プラン

新料金プランである「Rakuten UN-LIMIT VI」では、データ使用量1GB以下は無料の他に、段階的に料金設定が敷かれている。

  • 1〜3GBまでは月額980円
  • 3〜20GBまでは月額1980円
  • 20GB以上は月額2980円

月間データ利用量が1GBを超えて3GB以下の場合は980円、3GBを超えて20GB以下の場合は1,980円となる。なお、20GBを超えた以降は、データ利用量上限なしで、月額2,980円で利用できる。

気になるデータ通信の品質は、従来通り「楽天回線エリアにおいて、高速データ通信をデータ利用量上限なしで利用できる」とのこと。月間5GBまでは国内のパートナー回線を利用できる。音声通話においても、楽天モバイルのスマホアプリ「Rakuten Link」を使用した無料の国内通話が可能だ。

「2021年夏にカバー率96%」は実現可能か?

発表会にてプレゼンテーションを行った、楽天モバイルの三木谷浩二氏はエリア拡大に自信を示し、2021年1月現在で73.5%の人口カバー率を、2カ月後の2021年3月末には80%に、さらに2021年夏頃には一気に96%まで引き上げると発表した。

この計画を実現するにあたって、三木谷氏はいくつかのポイントを提示している。

  • 目視でアンテナ用地を開拓している他社に比べ、楽天はデータをみて展開をする
  • ソフトウェアでのネットワーク構築(設定・設置する機械が少なくて済む)
  • オートメーション化を活用した設定
  • 楽天の営業力を駆使したビルオーナーの地主開拓

既に99%以上を達成している大手キャリア3社に比べ厳しい状況にある楽天モバイルにとって、このカバー率96%を実現する計画はトップクラスに必達目標であり、その本気が垣間みえた。

楽天モバイルの他にも多くのサービスを持つ楽天グループ、その今後の動きに目が離せない状況が続きそうだ。

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー