リンクをコピーしました

「レチノール」を正しく理解してる? エイジングケアのために知るべき、レチノールのこと

レチノールについてどのくらい知ってる?

「レチノール」をエイジングケアやスキンケアとして取り入れるなら、正しい使い方を心得ておくべきです。レチノールは、お肌にハリや弾力を与え、お肌のターンオーバーをサポートすると言われており、消費者の間でも純粋レチノールへの関心が高まっています。

レチノールには、肌をふっくらさせ、シワを改善する効果があります。表皮のヒアルロン酸合成を促進し、真皮でのコラーゲン合成も促進します。その一方で、UVによるコラーゲン分解酵素活性化を抑制してくれます。今回はそんな「レチノール」の正しい使い方と注意点を解説していきます。

レチノールとは?

レチノールは、「ビタミンA誘導体」のひとつです。このビタミンA誘導体は、肌を引き締め、ハリを与え、肌のコンディションを高めるといわれています。クリニック界隈では、「ビタミンA誘導体」といえば、レチノールよりも「トレチノイン」が定番になっていたりしますが、皮膚刺激性がとても強いという性質があるので、かならず皮膚が赤くなり、皮むけをおこしたりします。トレチノインとは、シミ、シワやニキビの治療薬のことを指します。

レチノールとは?

それに比べ、「レチノール」は刺激が少なく、とても使いやすい「ビタミンA誘導体」なのです。シミの改善にも効果を発揮するとあって、レチノール配合のエイジングケア化粧品はとても人気となっている状況です。

レチノールの効果を知ろう!

ここではレチノールがもたらす効果を項目ごとにご紹介します。

肌のターンオーバーを促進する

肌表面の表皮では細胞のターンオーバーを促進し、皮膚のゴワつき・きめをケア、小ジワをなめらかにします。また、それにより肌細胞の生まれ変わりも早くなることにより皮膚のシミの原因であるメラニンという色素が古い肌細胞とともになくなっていきます。また、これは良いことでもあり悪いことでもありますが、皮膚の角質層が薄くなることで肌の薬の効きが良くなり、さらに角栓が取れることでニキビが良くなることもあります。

肌のうるおいを保つ

また肌のうるおいを保つヒアルロン酸の合成も促進され、加齢により薄くなりがちな表皮を厚くし、みずみずしくふっくらとした肌になります。

肌にハリと弾力を与える

ベッドのスプリングのような役割をして肌を支え、肌弾力を保つ真皮コラーゲンやエラスチンの生成も促進させる働きもあります。しょんぼりした肌、深いシワが刻み込まれた肌にハリや弾力を与え、若々しい印象に導いてくれます。

レチノールの正しい使い方とは?

レチノール配合の化粧品をご使用になる場合、以下のようなポイントに注意して、正しく若々しい肌を保つケアを行いましょう。

【1】塗り過ぎないこと

ビタミンAは皮膚に効果的に刺激して活発にするので、肌にやさしく保湿力が高い商品よりも強力です。しかし、その強力な反面、レチノールを使い始めると肌が赤くなったりカサカサしたりすることがあります。レチノールは、有効成分で肌を元気にするというよりむしろ、その仕事を肌自身にやらせるという側面が大きいのです。

これまでレチノール配合製品を使ったことがない場合、初めのうちは一日置きに使うなど、少しずつ肌をレチノールに慣らすのがおすすめです。使い初めは軽いピリピリとした刺激を感じることもありますが、徐々に肌が慣れていきます。

【2】乾燥を防ぐため、保湿クリームなどを併用する

乾燥を防ぐため、レチノール配合製品を使用したあとにクリームなどの保湿剤を使用しましょう。レチノールを使用するのが初めてで不安な方は、お顔全体を化粧水や乳液で保湿したうえで、レチノール配合クリームを塗るのも良いでしょう。

【3】レチノールを塗布後、日光を浴びない

日中は必ず日焼け止めを塗りましょう。レチノールは紫外線の影響を受けやすく、また酸化しやすいためです。30分も日差しを浴びれば、レチノールの効果はなくなってしまいます。また、レチノールが塗られた肌は、肌自身に対する仕事を最優先してしまうため、紫外線ダメージに対する肌のガード力が低下します。そこでおすすめなのは、慣れるまではレチノールを使うのは夜だけにして、日中はSPF30以上の日焼け止めを使用することです。

レチノール配合化粧品を正しく選ぶ

レチノールは長期的に使用することで効果が徐々に現れてくる美容成分です。長く続けられる化粧品を選びましょう。どんな肌ダメージも、避けられるのであれば避けるべきです。さもないと、肌に大きな負担をかけることになります。

当編集部のオススメは、BAEBODY社の「Retinol」保湿クリームです。

ご使用方法

お顔全体を洗顔後、優しくタオルドライしてから顔・首・デコルテに塗ってください。円形の動きでやさしくマッサージしながら塗ると良いでしょう。※塗り過ぎに注意してください。こちらの製品はプッシュ式ですが、1プッシュで充分な量が出ます。また、日中は日焼け止めを併用することを忘れないようにしましょう。

成分

アロエバルバデンシスリーフジュース(有機アロエ)、アクア(脱イオン水)、ヘリアンサスアヌス種子油(有機ヒマワリ油)、パルミチン酸イソプロピル、ステアリン酸グリセリル、セチルアルコール、カッシアアングスティフォリア種子抽出物(植物性ヒアルロン酸)、ステアリン酸、グリセリン(コシャー、野菜)、simmondsia chinensis種子油(有機ホホバ油)、butyrospermum parkiiバター(シアバター)、酢酸トコフェリル(ビタミンe)、パンテノール(ビタミンb5)、レチノール、カメリアシネンシス葉抽出物(有機緑茶)、プロポリス抽出物、 Centella asiatica抽出物(有機ゴツコラ)、equisetum arvense抽出物(ホーステイル)、ゼラニウムマクラタム抽出物(野生ゼラニウム)、taraxacum officinale抽出物(有機タンポポ)、キサンタンガム、ポリソルベート20、ペンチレングリコール、アルコール、レシチン、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン。

レチノールは正しく理解すれば、最高の美肌パートナー

レチノールを効果的に使用するには知識が必要ですが、使いこなせればとても強力なエイジングケアになります。正しい使い方をマスターして、これからのスキンケア・エイジングケアに役立てていきましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー