リンクをコピーしました

眼精疲労の原因は? 疲れ眼・眼精疲労の解消法を知ろう

眼精疲労の原因

現代の生活ではどんな人も目の疲れとは無縁ではいられません。長時間のパソコン作業、スマホ、車の運転など、目の負担は知らないうちに蓄積され、眼精疲労として自覚することになります。眼精疲労とは、目の使用による眼の疲労が強くなり、なかなか回復しにくくなった状態です。視界の悪さや眼のかすみ、痛みなどの目の症状だけではなく、頭痛や肩こり、吐き気など目以外の症状を伴うことがあります。

眼の酷使

現代の日常生活では、デスクワークなどでスマホやパソコンを近くで見ることが圧倒的に多くなっています。

眼の良い、遠くが見える人は、遠くが見える反面、近くを見るときは眼がピントを手前に調節する必要があります。近眼でメガネをかけている人も、遠くが見やすくなっている状態ですので、手元でピントの位置を調節する必要があります。つまり、眼はピント調節を日常生活のほとんどの時間で続けている状態です。その時間が長くなれば長くなるほど、眼にかかる負担は大きくなり、疲れてしまいます。

「ピントの位置を調整する」労力は、眼までの距離が近ければ近いほど負担になります。そのため、テレビ、パソコン、読書、スマホの順に眼の負担は大きくなると考えることができます。

メガネ・コンタクトが強過ぎる

眼の見え方を助けてくれるはずのメガネも、実は眼精疲労の原因になる場合があります。

眼が疲れて見えにくくなっている時に検査をしてみると、近視が実際よりも強くなっていることがあります。メガネを作り直すタイミングがこのようなタイミングに重なると、本来の度数よりも強くなっている可能性あることも知っておきましょう。このようなメガネは眼に過度のピント調節を強いることになり、眼精疲労の原因となります。

このような状況は、コンタクトレンズでも起こりえます。最近、見えにくいとコンタクト屋でレンズの度数を上げてもらったけれど、すぐに見えにくく感じてしまう。このような場合は過矯正になっていないか、視力検査からやり直すことをお勧めします。

必要なのにメガネを使用していない

メガネが必要なのに使用していない方もいらっしゃいます。自分では視えているつもりなのに、実際はあまり見えていない状態であり、無意識のうちに目はもっと視えるように調節を続けるため、眼が疲れやすくなります。

ドライアイの場合

ドライアイなど目の表面の疾患があると見えている像が乱れるため、慢性的に目を疲れさせる原因となります。

疲れ眼・眼精疲労の解消法

意識的にまばたきをして、休憩をとろう

まずは眼を休めることが一番です。まばたきをすると眼のまわりの筋肉がストレッチされるので、同時にドライアイの予防にもなるので意識的にまばたきをすることをオススメします。

意識的にまばたきをして、休憩をとろう

仕事で長時間のパソコン作業など、集中して文字や画像を追う作業が続く場合、1時間に10分程度の休憩をとって眼を休めると良いでしょう。難しい場合、コピーを取りに行ったり、シュレッダーに掛けるなどの眼に負担を掛けない作業をすることがおすすめです。

ぼんやり「遠く」を見る

遠くをぼんやり眺めることは、眼の緊張を和らげることにつながります。 近くを見ると緊張する毛様体筋は、近くを見続けると緊張して凝り固まってしまい疲れ眼の原因に。遠くを見ることは毛様体筋がゆるむことになるので、眼の筋肉のリラックスになるのです。

目もとを温めてリフレッシュ

集中したり眼を酷使した時、眼に通常より多くの血液が送り込まれ、眼の血管が拡張し、充血や痛みなどが起こることも。その場合は冷たい水でしぼったタオルなどをのせて冷やすと、症状がやわらぎます。逆に眠る前など休める時間には水に濡らしたタオルをしっかり絞って、電子レンジで約40秒(600w目安)加熱した蒸しタオルで眼を温める方がおすすめです。 温めることで血行が良くなり、筋肉の緊張がほぐれ、リラックスできます。また、眼の周りには交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがあるので、温めることでリラックスした状態にもなります。

ツボをマッサージする

眼の周りには、たくさんのツボがあります。指で押した時に周囲よりも少しへこみ、押すとやや痛みを感じるのがツボです。人によって位置が異なるので指で探りながら見つけましょう。眼のかすみに効く太陽、眼の奥が痛んだりかすんだりする時に効く晴明、眼の疲労感や痛みに効く攅竹等のツボを<指の腹で押す><左右同時に押す><皮膚から手を離さない><2~3クール繰り返す>というルールに従って押してください。

食事に気を遣う

食事に気を遣う

眼に良いとされる食品(栄養素)は沢山ありますが、それだけを摂れば良いというわけではありません。主食、副菜、主菜、乳製品、果物の5つのジャンルをバランスよく摂ることを基本とし、その上で眼に良いとされる食品を参考にして摂っていくというのが良いでしょう。

眼精疲労におすすめの成分

  • アントシアニン
  • レスベラトロール
  • アスタキサンチン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • ビタミンA、B、C、E
  • オメガ3脂肪酸

眼精疲労は病院ではどんな治療を行う?

病院では、目の度数や、眼鏡・コンタクトレンズの度数、目の位置などを調べ、目・まぶた・目の周囲に不快感を引き起こすような問題がないかを調べます。そのうえで、原因に合わせた対応します。

メガネやコンタクトレンズの処方、乾き目に対する目薬の処方、目のピント調節を助ける目薬の処方などが行われる場合もあります。

パソコンやスマートフォンなどの普及に伴い、目の疲れを感じる方も増えてきています。ご自身の眼精疲労の原因を知り、できる範囲で対策を行っていきましょう。

それでもなかなか改善しないという場合には、眼科を受診し、医師に相談してみてください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー