リンクをコピーしました

仕事の生産性を高める5つの方法

Howard Mason

Howard Mason

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー

仕事の生産性を高めるには?

ToDoリストに書いてあることをすべて達成できなかったと感じながら仕事を終えたことはありませんか?計画やリスト、目標を持って仕事を始めても、一日の終わりにはToDoリストがさらに長くなっていることに気づくことがあるでしょう。ご存知の通り、仕事で常に生産的であることは難しいことです。

仕事の生産性を高めるには?

生産性を高める方法で時間を管理することは重要ですが、どこから手をつけていいのかわからないこともあります。毎日24時間の時間をどう管理するかは、ポイントを押さえておく必要があります。これらのヒントを取り入れて、生産的なフローを増やし、よりスマートに仕事をしましょう。

1. マルチタスクをやめる

小さく見えたり、簡単に見えたりするタスクを発見した場合など、いくつかのタスクを一度に片付けたくなることがありませんか?しかし、それは簡単にはうまくいきません。

神経科学教授のアール・K・ミラーによると、"マルチタスクは人間的に不可能である "といいます。電話、プレゼンテーション、昼食を簡単にこなすことができると言っても、私たちは自分自身をだましているのです。一度に一つのタスクに集中することで、実際にはより早く完了することができます。

2. 休憩をとる

休憩をとる

長時間働くことで、より多くのことができるようになったと思うかもしれませんが、燃え尽きてしまったときには、仕事がうまくいかなくなってしまいます。

研究によると、定期的に休憩を取ることで集中力が高まり、気分も高まります。オフィスの周りを5分ほど散歩したり、午後のコーヒーを15分ほど飲んだりしてみましょう。

3. 小さな目標を設定する

時々、目標を見ると圧倒されることがあります。大きなプロジェクトがカレンダーに並んでいるのを見るのはストレスになりますが、それを小さなタスクに分割すれば、自分でコントロールできるようになり、より生産的になるでしょう。

「プロジェクトを完成させる」と書くのではなく、それが必要とするすべてのタスクに分割しましょう。そうすることで、日々の仕事の進捗を把握し、大きなプロジェクトもそれほど大変ではないように思えます。

4. 最も注意力のあるときに最大のタスクを処理する

大きな目標を達成できる自信がないからといって、大きな目標を押しのけて目を背けてしまうことがあります。そして、目標にたどり着く頃には、一日の疲れが溜まりすぎて、必要な注意を払うことができません。そうすると、プロジェクトは結局何日も続くことになり、生産性がなくなってしまったように感じてしまうのです。

大きなプロジェクトを時間通りに完了させるためには、自分の仕事のベストなタイミングと方法を理解することが重要です。誰にでも合うスケジュールというものはありません。朝型の人は、一日の中で一番最初に大きなタスクに取り組むようにしましょう。

5. 「2分ルール」の実施

小さな窓を実際のタスクで埋めて、仕事中の時間を最大限に活用しましょう。起業家のスティーブ・オレンスキー氏によると、2分以内のタスクを見つけてすぐに完了させることで、実際に時間を節約することができます。ですから、2分以内でできることなら、今すぐに実行しましょう。

2分ルールのもう一つの側面は、どんな目標や習慣も2分以内に始めることができるということです。これは、120秒ですべてのタスクを完了できるという意味ではありませんが、新しい目標を始めることは、それを達成するための大切な第一歩です。

毎日が完璧に生産的になるわけではありません。その代わりに、エネルギーを集中させ、これらのヒントを実行してください。自分に合ったスイートスポットが見つかれば、オフィスの中でも外でも、どれだけ多くのことを成し遂げることができるのか、驚くことでしょう。

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー