リンクをコピーしました

態度や口ぐせから読み取れる、他人の心理とは?

人が他人の不幸を喜ぶのはなぜ?

「どうしてあのような態度をとるのだろう」自分の周囲にいる人を見て、そう思ったことはありませんか。私たちは心理学を活用することで、その人がどのようなタイプの人間か、あるいはその行動パターンなど身体に表れるさまざまな動きをヒントにして、隠された深層心理を読み取ることができます。

例えば、あなたの周りにも何かと他人の不幸を喜んだり、他人が不幸になることを願ったり、他人の幸せを妬んだりする人がいるのではないでしょうか。その人が経済的・社会的に恵まれているような場合はなおさらで、「きれいなお嫁さんをもらった」「家を新築した」という他人の話を妬ましく思ったり、その人が後になって「離婚した」「家が火事になった」などと聞くと、不道徳だとはわかっているのにその人の不幸を楽しんでしまう人はいます。「他人の不幸を喜んでしまうのは、相手を見下して自分が優越感に浸ることで、自分が幸せな気分になろうとする心理が働くからです。

人が他人の不幸を喜ぶのはなぜ?

特に、相手が自分よりも恵まれていればいるほど「あの人は幸せそうだったけど、今のあの人に比べたら私の方が幸せ」という意識がはたらき、その人に勝ったような気分になるのです。「同期の中でアイツだけ出世しやがって」などと、他人の幸せを妬ましく思う気持ちも同様です。

これも、自分と他人を比べた結果、自分が劣るように思えてしまい、劣等感を抱くために起こる心理だったりします。人は自分と他人を比較することで優劣を決めてしまいがちですが、自尊感情が弱いほどその傾向が強くなってしまいます。自分と他人を比較して、一喜一憂しないようにすることが大切です。

【自尊感情】
自分自身を肯定的に評価する感情のこと。この感情が一定以上に強いと、自分と他人を比較しても優越感や劣等感による刺激をそれほど受けなくなるが、強すぎると自信過剰にり、「自分には価値があるのだから、尊重されるべき人間だ」という心理がはたらくので注意が必要。

自己評価の低い人ほど相手をおだてる

何かにつけて人を批判したり、誹謗中傷や悪口を言ったりする人は、この劣等感が強いのだと考えることができます。自分よりも優れている相手に対して抱いている自分自身の劣等感情を消すために、相手の価値を落とすことで同じ位置に立とうとする意識がはたらき、相手に対して不遜な態度をとる選択をしてしまうのです。これは、心理学では引き下げの心理と呼ばれます。

【引き下げの心理】
例えば、「彼は英検1級を持っているというが、今の職場ではたいして役に立たない」「アイツが俺より出世が早いのは、上司にゴマをすって取り入っているからだ」といった具合に、根拠もなく相手をおとしめることで自身のコンプレックスを打ち消して、優越感を得ようとする。

同じ批判や悪口でも、家族など身内のことを悪く言うタイプの人もいます。「受験といえば、息子が一流大学に合格したのよ」「あら、うらやましい。それにひきかえうちの夫ときたら......」といった具合に、どのような話をしていても最終的には家族の自慢、あるいは逆に家族への愚痴に話を持っていくのです。身内の自慢や愚痴を話題にしがちな人は、広い世界に飛び出していくことに恐怖心を抱いており、自分の領域に閉じこもっている人が多いようです。このようなタイプは女性、特に主婦にありがちなものといわれていますが、これにも理由があります。一般的に主婦は家にいる時間が長く、外の世界との接触が少なくなるため、どうしても自分の身のまわりのことが主な話題になってしまう為です。

人のことを悪く言う人がいる一方で、「相変わらず頭がいいですね」「今日も素敵ですね」などと、やたらと褒めてくる人もいます。誰でも褒められれば悪い気はしないものですが、もしかしたら心にもないお世辞を言っているだけで、単なるゴマすり、ヨイショの可能性もあります。お世辞を言う人の心理は、心理学で言うところの迎合行動で説明できます。迎合行動はお世辞や賛辞のほか、相手の意見に賛成するなど、相手の好意を得るための言動を指します。

「私は頭が悪いので」などと自分を卑下する発言も、この迎合行動に当てはまります。この人は自分のことを「頭が悪い」と本気で思っているわけではなく、自分を低く見せることで相手を持ち上げようとする心理がはたらいているのです。ですから、必要以上に自分を卑下する人が、本心では「そんなことはないよ」と相手から否定してもらいたいと思っているケースもしばしばあります。自分を卑下する発言は、自分に自信がなく、他人にもめったにほめられることがないという人に多いようです。そのように自己評価が低い人は、あえて自分をおとしめ、それを相手に否定してもらうことで自尊心を満足させるのです。

【自己評価】
自分が自分自身に対して行う評価。肯定的な久自己評価のことを自信」と言い換えることもある。

「一応」や「とりあえず」は自信のなさを表す言葉

よく口にする口ぐせからも、その人の心理を読み取ることができます。

会話の頭に「一応」や「とりあえず」をつけるのは、わりとよく耳にする口ぐせといえます。しかし、例えば「この書類に目を通しておいてね」と誰かにお願いした時、「一応やっておきます」「とりあえず見ておきます」などと返事されると、普通に「見ておきます」と返事をされた時よりも違和感を感じます。これではお願いした方も「本当に目を通してくれるのか」と不安になります。実際、「一応」や「とりあえず」を会話の中で頻繁に使うのは、自分が言っていることに対して自信が持てない人の場合が多いようです。

心理学的には、自信がないのをごまかすために、自分の弱点を相手に隠そうとする防衛反応がはたらき、このような言葉を思わず口にしてしまうのだと考えられます。「仕方がない」「しょうがない」を多用する人も、自分に自信がないことを隠すために予防線を張っているのかもしれません。相手に対しての「仕方がない」はなぐさめの言葉ですが、自分の行為に対してその言葉を使うのは、失敗した時の自分自身への言い訳を用意するためです。

それとは逆に、「だから」が口ぐせの人は、何がなんでも自分の言いたいことを相手に伝えたいという自己主張の強い人です。「だから」という言葉は、「だから私があの時に言ったじゃないか」といった具合に、自分が行った過去のことを主張したり強調する時に使います。これを多用する人は理屈っぽく、自分の考えを相手に押しつけがちなタイプといえます。

【防衛反応】
防衛機制ともいう。心理学の分野では、不安などから自分を守ることを「防衛」という言葉で表現する。

相手を不愉快にさせる「D言葉」とは?

相手を不愉快にさせる「D言葉」にご用心

「つまり」は、「つまり私が言いたいのは○○なんだ」というように、自分の主張をまとめて結論を言う時に使います。しかし、必ずしも論理的に話を組み立てているわけではなく、うまく説明できないために筋道が立ってるように見せようとして「つまり」を連発している場合もあります。「でも」や「だって」、「どうせ」など、いわゆるD言葉が口ぐせの人はどうでしょうか。これらの言葉は相手の意見を否定するものではありますが、「だが」「しかし」のような強い否定ではありません。D言葉が口ぐせになっている人は、しっかりとした反対意見を述べるでもなく、否定的な言葉を続けて重箱の隅をつつくように文句を言うタイプです。

【D言葉】
「でも」「だって」「どうせ」「だけど」「だったら」など、だ行で始まる否定的なニュアンスを含んだ言葉。これを使うと、相手の心証が悪くなることが多いので注意。

しかも、これらの言葉を使って反対する人に限って、自分が責任を取るという姿勢は見えません。特に「だって」は相手に責任を転嫁する言葉で、言い訳ばかりして自分の主張しかしないわがままな人だという印象を受けます。両親に甘やかされて育った人に多いタイプといえるでしょう。「どうせ」という言葉は、「どうせできっこない」「どうせ私は頭が悪いから」といった具合に、マイナス思考の内容の会話が後に続きます。「私はどうせ○○」などと自分で言ってしまうような人は、自己愛が少ないタイプの人といえます。自分に無関心なため「私に何かを期待したり、望んだりしても失望するだけだ」と、自分からは何もしない方が安全だと考え、消極的で現実逃避的な行動をとったりします。

【自己愛】
自分が大事という考え方。著名な心理学者のフロイトは、「子供が発育していく上で生じる必然的なもの」であるとした。自己愛が強すぎることをナルシシズムという。

また、「どうせ」は「だって」と同じく、責任を誰かに転嫁する言葉でもあります。イソップ童話の「すっぱいブドウ」の話に出てくるキツネのように、自分の目的や欲求が達成されないため、現実と欲求とのギャップを埋めようとして、自分に都合のいい理屈を考え出してしまうのです。

同じように、「私って不器用だから」「私、もの覚えが悪い人なの」などという場合の「私って○○な人」という言い方も、「私は不器用だから、こんな仕事を私に頼まないで」とアピールして、自分の逃げ道をつくっている人だといえます。わざわざ「私は○○な人」と公言するのですから、その言葉は基本的には正しいと思う人もいるかもしれません。しかし、実際は本人が言う「私は○○」は、周囲の人たちの客観的な見解とは違っているケースも多々あるので、真に受けずに「そうだったっけ?」などと適当に受け流すぐらいがちょうどいいのかもしれません。

【すっぱいブドウ】
イソップ童話のひとつ。ある日、たわわに実った美味しそうなブドウを見つけたキツネは、それを食べようとして跳び上がる。しかし、ブドウは高いところにあるので何度やっても届かない。キツネは怒りと悔しさのあまり、「どうせこのブドウはすっぱくてまずいに違いない。誰が食べてやるものか」と捨てゼリフを吐いて立ち去った。

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー