リンクをコピーしました

家計簿を効果的に活用して、予算編成を考えるためのヒント

家計の管理で大切なこと

家計の管理は、初めてパートナーと二人暮らしをする人や、子供がいる経験豊富な住宅所有者である場合でも、怖いものに思えてしまうかもしれません。自分の財政と向き合い、自分の財政の限界を把握するためにも、効果的な家計の予算を作成することはとても大切です。あなたの家と家族のための効果的な予算を作成するために、ここでご紹介するヒントを有効活用してみてください。

支出の習慣を明確に把握する

毎月いくら使っているのかはザックリ把握しているかもしれませんが、冷静に計算してみないと、本当にどれくらいのお金が出ていくのか、はっきりとした目安がつかめません。多くの人たちは、自分たちが費やす金額を過小評価しています。これは、家計を管理することにおいてとても危険なことです。この費やした金額を最適に把握するための方法は、すべての支出から一枚一枚の領収書を保持し、合計を集計することです。これらの支出を合計すると、費やした金額を正確に把握できます。

支出の習慣を明確に把握する

毎月の手取り額からこれらの費用を差し引いた後、あなたが稼いでいる金額がこれらの費用をカバーするのに十分なものかどうかがすぐに判明します。もしマイナスの金額になる場合は、いくつかの調整を行う必要があることがわかります。

不要な経費を削減する

先述の計算を終えた後、マイナスの数字が計算された場合、支出が多すぎる可能性があります。ここでの簡単な解決策は、言うは易し、行うは難しです。特に、外食、娯楽、必要のない買い物など、いわゆる「レジャー」カテゴリーからの支出を見直す必要があります。

これは難しいと思われるかもしれませんが、それはあなたを長期的な財政の安定に導くのに役立つ、一時的な状況にすぎません。余暇資金を借金返済に充て、最終的な数字をプラスに戻しましょう。

予算戦術の見直し

予算戦術の見直し

毎月末に予算を確認し、自分の習慣が変わったかどうかを確認します。そうすることで、自分の予算計画が軌道に乗っているかどうかを見極めることができます。もしそうでない場合は、予算編成の戦略を見直す時期です。予算の中の特定の割合を見直して、どの部分に支出しすぎているのかを確認しましょう。

予算を立てるということは、あなたが最も快適な自分の条件でお金を管理するのに役立つということです。毎月の財政状況をよりよく把握することで、物事はより良い方向に変化していくはずです。投資や緊急時の貯金などのために、より多くのお金を脇に置いておくことができるようになるでしょう。

紙にお金を書き留めるのが苦手な方は、効果的なツールを使ってみましょう。スプレッドシート形式(エクセル)の簡易的な家計簿テンプレートを使えば、何が入ってきて何が出ていくのかが一目瞭然になるように、家計を整理するのに最適な方法かもしれません。

自分のお金の使い方の傾向を正確に把握でき、「今月はここの部分でお金を使い過ぎたから来月は◯◯円以内に収めよう」といった目標もできるので、家計簿をつけ続けることをオススメします。家計簿を有効活用し、少しでも計画的な予算編成を続けていきましょう!

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー