リンクをコピーしました

片頭痛 (偏頭痛) を和らげたい時に役立つ食品

片頭痛は食品が引き起こす可能性もある

頭の中がぐるぐる回るような不快感に襲われる片頭痛は、食欲を減退させる原因になります。しかし、栄養は症状の改善に大きな役割を果たします。どのような食品が片頭痛の痛みを悪化させるのではなく、和らげるのに役立つのかを知っていることが大切なのです。

まず、特定の食品が片頭痛の症状を引き起こす可能性があるとしています。食品中の添加物や化合物である、MSG、人工甘味料、ワインに含まれるタンニン、生肉に含まれる硝酸塩、熟成チーズに含まれるチラミン、過剰なナトリウムなどです。

ところが、ある種の食品が片頭痛の痛みを引き起こすことがあるように、他の食品が片頭痛の回復を助けてくれる場合もあるのです。そこで今回は、片頭痛を和らげたい時に試してみたい食べ物をご紹介します。

脱水は片頭痛の原因に

脱水は片頭痛の原因に

脱水は片頭痛の原因になったり、悪化させたりすることがあるので、十分な水分補給を心がけ、必要に応じて水分を補給してください。

水をたくさん飲むことに加えて、スイカやパイナップルなど、水分を多く含む食べ物を食べるようにしましょう。また、食欲があれば、自家製の鶏肉野菜スープは、もう1つの水分補給、栄養補給の選択肢です。

ひどい偏頭痛の時に役立つもの

チェリーには抗炎症成分が含まれており、その効果はイブプロフェンの痛みを和らげる効果と似ています。片頭痛の後にチェリーを食べるのは試してみる価値があるかもしれません。

片頭痛の後にチェリーを食べるのはオススメです

また、ひどい偏頭痛の後にお茶を飲むことは、それだけで心が安らぎます。そして、特にジンジャーティーを飲むことも強く推奨できることの一つです。生姜には、乗り物酔いや吐き気、食欲不振など、片頭痛に関連するさまざまな症状を改善する効果があり、水分補給にも役立ちます。

ジンジャーが苦手な方は、ペパーミントを摂取したり、局所的に塗布しても、痛みや片頭痛による吐き気を抑えるのに役立つハーブ療法のひとつです。

添加物から引き起こされる偏頭痛

片頭痛は、加工食品に多く含まれる化学物質、着色料、保存料などの添加物によって引き起こされることがあります。そこで、片頭痛を和らげるには、魚、米やキヌアなどの穀物、蒸したブロッコリーなどの新鮮な野菜など、加工されていない(少なくとも加工度の低い)食品を摂るようにしましょう。

匂いの強くない食品(乾燥したクラッカー、トースト、ベイクドポテトなど)を選んでください。これらの食品は、片頭痛によって引き起こされる可能性のある吐き気を乗り越えるのに役立ちます。

匂いの強くない食品(乾燥したクラッカー、トースト、ベイクドポテトなど)を選んでください

また、これらは最初からすべてを作らなければならないという意味ではありません。食品の成分表を意識してみましょう。短くてシンプルなリストのほうが良く、そのリストを見て、その製品に含まれている成分が、家でその食品を作る場合に使う成分と似ているかどうかを確認することが大切です。

マグネシウム不足が片頭痛に関与

食生活における特定の栄養素、特にマグネシウムの不足が片頭痛に関与していることがあります。マグネシウムは脳の血管を弛緩させる働きがあり、片頭痛から回復するときに、バナナや葉野菜などの食品を食べることもオススメです。

ここでは、片頭痛を和らげるために上記の食品を推奨してきましたが、原因や症状は「人によって大きく異なる」ことを忘れないでください。どのような食品が自分の体に合っているかは、必ず医師に相談してください。

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー