リンクをコピーしました

日焼け後の皮剥けを防ぐには?

日焼けした肌は、本質的に”死んだ”状態

ビーチでついウトウトしていて、目が覚めたときにはすっかり焼けてしまっていた!というのは最悪の事態です。不意打ちで日焼けをしてしまうこともありますが、大抵の場合その結果として起こる出来事は予測が可能です。日焼けをすると肌が赤くなり、かゆみや痛みを伴うことがあります。さらに、数日後には焼けた皮膚が剥がれ落ち、皮膚が一枚剥がれる可能性もあります。

日焼けした肌は、水ぶくれができなくても皮がむけることがあります。日焼けで水ぶくれができなくても皮がむけることがありますが、これは皮膚が修復不可能なほどのダメージを受けているからです。焼けた皮膚は本質的に”死んだ”状態であり、新しい皮膚が作られれば、古い死んだ皮膚は剥がれ落ちます。

日焼けの後に気をつけるべきこと

まだ日焼けの初期段階であれば、”日焼けの皮が剥けないようにするにはどうしたらいいのか?”と必死に悩んでいるかもしれません。

すべての日焼けで皮が剥がれるわけではないので、安心していいかもしれません。しかし、皮がむけそうになった場合、それを完全に防ぐ方法はありません。そして日焼け後に皮がむけるのを防ぐ方法は、医学的には証明されていません。「International Journal of Research In Pharmacy and Chemistry」に掲載された論文によれば、「ある程度の日焼けの後に起こる皮むけは避けることができない」と、表現されています。

対策としては、事態を悪化させないようにすることと、よりひどい皮むけを起こさないようにすることです。まず、日焼けを治している間は、とても肌が傷つきやすいので、更なる日焼けを避けることが大切です。また、日焼けをすると肌が乾燥しやすいので、保湿にも気を配ると良いでしょう。「International Journal of Research In Pharmacy and Chemistry」の記事では、赤みが少し引いてきたら、クリーム状の無香料の保湿剤をたっぷりと塗ることを提案しています。そうすれば皮がむけたり、炎症が起きたりするのを最小限に抑えることができるでしょう。なお、この記事では、水疱が破れて残った皮膚の破片を引きちぎることは、新たな皮膚に刺激を与えることになるので、やめた方がよいとしています。

日焼けして皮がむけないようにするには、SPFを塗って、日中の最も強い日差しの中で日陰に入るなどして、そもそも日焼けをしないようにするのが一番、そして唯一の方法です。それができない場合は、保湿ケアをして数日間を乗り切り、将来の皮膚がん予防対策につなげることをお勧めします。

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー