リンクをコピーしました

リタイアメントのプランニングを見直す方法

Suite WEB 編集部

Suite WEB 編集部

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー

リタイアメントプランの見直しが必要なタイミングとは?

リタイアメントプランは、「決めたら終わり」というものではありません。人生は急速に変化しますが、リタイヤメントプランも同様に、急速且つ柔軟に変化する必要があることを理解することが大切です。独身だった20代の頃のリタイヤメントプランは、子供が大学に進学する40代、50代になっても同じリタイヤメントプランではありません。また、株式市場やその他の投資の変動が退職後の計画に影響を与えることもあります。状況の変化に応じて、定期的にリタイヤメントプランを見直すことが大切です。

リタイアメントプランを見直すタイミングはいくつかあります。最も重要な時期は、人生や家族のライフイベントに大きな変化があったときです。

リタイアメントプランを見直すタイミング

  • 結婚または離婚をしたとき
  • 子供の誕生または養子縁組
  • 雇用の変更
  • 別の家への引っ越し

このような大きなライフイベントは、老後に必要な資金に大きな影響を与えるため、計画を見直す必要があります。しかし、リタイアメントプランを見直すのは、人生の大きな変化のタイミングだけではありません。毎月の予算を定期的に見直すのと同じように、退職後の生活についても定期的に見直すのがよいでしょう。

リタイヤメントプランニングにおける「ボラティリティー」を理解する

ボラティリティーを理解する

リタイアメントプランを大幅に変更したくないのは、株式市場が大きく低迷しているときです。確定拠出年金(401k)や証券会社の口座の明細に大きなマイナスの金額が表示されると、パニックになり株を売ろうとしてしまいがちになります。

しかし、実際のところ、株式市場は非常に変動が激しいものです。株式市場は長期的には平均8%程度かもしれませんが、この数字にはプラスにもマイナスにも大きく変動する要素が隠されています。株式市場が下がったときにパニックになって売るのではなく、積極的に行動して、避けられない下降局面に備えましょう。時には、何もしないことが最善の方法であることもあります。

リスクを許容する

株式市場のボラティリティーを理解するのと同じように、リスクに慣れることも重要です。一般的に、リターンが高ければ高いほど、リスクも高くなります。自分がどの程度のリスクに耐えられるかを判断することは、リタイヤメントプランを見極める上で重要なことです。

リスクを許容する

リスクは恐れるべきものではありません。すべてのお金をマットレスの下に隠しておくことは、比較的低いリスクであると言えます。しかし、それでは成功したリタイアメントを迎えることはできません。自分のタイムホライズン(退職までの期間)を考慮し、それに応じてリスクを調整しましょう。若くて退職までの期間が長い人は、比較的リスクの高い投資をする余裕があります。退職に近ければ近いほど、リスクを取るべきではありません。

ポートフォリオの配分を見直す

ポートフォリオの配分を見直すリスクを理解し、納得した上で、ポートフォリオの配分を見直すことができます。投資の種類によってリスクの大きさが異なるため、自分の状況に合わせて、ポートフォリオを投資の種類別に配分することが重要です。

一般的には、年齢が若いほど、また退職後の生活が遠いほど、投資の大半を株式市場に置くことに意味があります。株式市場はボラティリティーが高いですが、歴史的に見ても最も高いリターンが得られます。しかし、年齢が高くなり、退職に近づくにつれて、ポートフォリオの中で株式から債券への投資の割合が増えていきますが、これはリターンが低く、リスクも低いからです。

ファイナンシャル・アドバイザーへの相談を検討する

ファイナンシャル・アドバイザーへの相談

定年後の生活に向けて正しい道を歩むためには、ファイナンシャル・アドバイザーの協力が欠かせません。信頼できるファイナンシャル・アドバイザーは、あなたの現在の状況と今後の目標を見極め、あなたが正しい道を歩んでいるかどうかを確認するために必要な質問をしてくれます。現在、ファイナンシャル・アドバイザーをお持ちでない方は、ご自身が求めているアドバイスに合ったファイナンシャル・アドバイザーを探してみてください。

リタイアメントにおいて大切なこと

リタイアメントプランを定期的に見直すことが大切です。配偶者、信頼できる友人や家族、またはファイナンシャル・アドバイザーと一緒に、定期的にリタイヤメントプランを見直す必要があります。また、子供が生まれた、仕事が変わった、家を新築したなど、生活に大きな変化があった場合にも、リタイヤメントプランを見直す必要があります。このような簡単なステップを踏むことで、将来の経済的な安定性を確保することができることでしょう。

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー