リンクをコピーしました

処方された鎮痛剤を服用する前に知っておくべきこと

鎮痛剤を賢く使うために知っておくべきこと

米国中毒学会(ASAM)が発表したオピオイド中毒に関する2016年の報告書によると、昨年だけで5900万件以上の鎮痛剤の処方箋が書かれ、アメリカの約200万人がそれに依存しているとのことです。事故による薬物の過剰摂取は事故死の原因の第1位であり、その半数近くを処方箋による鎮痛剤が占めていることも報告されています。しかし、このような鎮痛剤の恐ろしいデータがあるにもかかわらず、オピオイド鎮痛薬を合法的に処方してもらったからといって、すべての人が将来、リハビリ施設に行くことになるわけではありません。オピオイド鎮痛薬は正しい使い方をすれば、疼痛管理の重要な役割を果たします。

鎮痛剤を賢く使うために知っておくべきこと

とはいえ、特に女性にとっては簡単なことではありません。社会的、生物学的な要因により、女性は男性よりも鎮痛剤に対して脆弱な立場に置かれることが多いです。女性はホルモンの影響で、男性よりも鎮痛剤の影響を受けやすくなっています。さらに、米国国立衛生研究所の最新の統計によると、女性は体重管理、疲労回復、痛みへの対処、精神的な問題の自己処理のために鎮痛剤の処方薬を乱用する傾向があります。また、過去1年間に薬物を乱用したことを認めた女性は1,580万人、そのうち460万人が鎮痛剤の処方薬を乱用したと答えています。米国では、3分に1人の女性が、処方箋鎮痛剤の誤用や乱用のために救急外来を受診しています。

では、この強力な鎮痛剤の薬を賢く使うためにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、女性と処方鎮痛剤について知っておくべき7つのことをご紹介します。

女性の方が鎮痛剤の依存症になりやすい

アメリカ整形外科学会の調査によると、女性は男性よりも神経受容体の数が多いため、痛みをより強く感じます。次に、女性は医療従事者に痛みについて話したり、ストレスや不安、痛みをどうにかしたいと積極的に考える傾向があります。医師は、それらの不安をまず鎮痛剤の処方箋で治療することが多いのです。ASAMの報告書によると、同じ症状を訴えた場合、男性よりも女性の方が鎮痛剤を処方されやすいとのことです。

もうひとつの問題は、医師が女性は生物学的に男性と同じではないことを忘れがちなことです。米国疾病対策センターの調査によると、女性は一般的に体が小さく、鎮痛剤の効果に敏感であるにもかかわらず、医師は女性に男性よりも高用量かつ長時間の鎮痛剤を処方しています。さらに、女性は男性に比べて生物学的・心理学的に鎮痛剤に依存する期間が短く、用量も少ないことも問題であるとASAMの報告書は付け加えています。痛みに対する最初の解決策としてオピオイド系の鎮痛剤を使用する医師には、十分な注意が必要です。

鎮痛剤がヘロイン中毒のキッカケになる可能性もある

鎮痛剤がヘロイン中毒のキッカケになる可能性もある

ASAMによると、ヘロイン中毒の女性の5人に4人は、処方されたオピオイド系鎮痛剤から始めたという。このようなパイプラインは、CDCが現在、合法・非合法を問わず麻薬中毒の本格的な「流行」と呼んでいるものを助長しています。だからといって、出産後に処方されたパーコセットや怪我をした後に処方されたオキシコンチンを服用したすべての女性がヘロイン中毒になるわけではありません。しかし、このような関係にもっと注意を払い、認識する必要があることを示しています。

鎮痛剤をやめることの難しさ

処方された鎮痛剤を指示通りに服用していても、依存症になってしまうことがあります。つまり、処方箋が切れたからでも、ただ止めたいからでも、鎮痛剤を止めると禁断症状が出てしまうのです。初期の段階では、疲労感、吐き気、体の痛み、さらには発熱など、インフルエンザにかかったような感覚になります。

鎮痛剤をやめることの難しさ

しかし、服薬期間が長ければ長いほど、嘔吐、下痢、不眠、激痛など、薬をやめたときの体の反応はより深刻になります。いきなり薬をやめるのではなく、医師と一緒に計画を立てて、徐々に薬を減らしていくようにしましょう。

もし慢性的な痛みを伴う健康問題を抱えている場合、一般開業医に頼るのではなく、疼痛管理を専門とする医師を探すことをお勧めします。もしお住まいの地域に医師がいない場合は、治療計画についてたくさん質問をして、医師の回答に納得してから処方を受けるようにしましょう。

痛み対策には他の選択肢もあります

女性が副作用なしに痛みに対処できるように、薬を使わないさまざまな選択肢を用いている治療センターもあります。慢性的な痛みを抱えている方に最も効果的なのは、精神医学、心理学、医学、痛みの代替療法、スピリチュアルケアを含む包括的なプログラムに参加することです。瞑想、マッサージ、トークセラピー、ヨガ、鍼治療、理学療法、運動などは、痛みの知覚を和らげると同時に、痛みの原因に対処するのに役立ちます。これらの方法は単独でも薬物療法と併用しても構いませんし、痛みを抑えるための非中毒性の薬も数多くあります。そして、精神的な痛みを肉体的な痛みに投影する心の能力を過小評価してはいけません。未解決のトラウマ、悲しみ、喪失感、その他の感情的な痛みが、身体的な痛みとなって現れることがあります。だからこそ、慢性的な痛みを抱えている人は、精神医学的な評価を受け、治療を受け、代替療法に取り組むことが重要なのです。

自分のリスク要因を知ること

どんな人が鎮痛剤を乱用してしまったり、依存症になったりするかを予測する方法はありません。しかし、リスクを高めてしまう特徴はいくつかあります。脳がまだ発達していない若い時期に鎮痛剤を体内に入れると、潜在的な物質使用障害のリスクが高くなります。また、家族に物質使用の既往歴がある場合、物質使用障害を発症する遺伝的素因があるかもしれません。

女性と鎮痛剤をめぐる関係性を理解するには、最後の重要な要素があります。痛みは悪いものばかりではなく、時には自分自身についての重要なことを教えてくれるものです。私たちはこれまで、痛みは自動的に問題であると考えてきましたが、実際には情報であると考えるべきなのです。怪我やストレスに伴う痛みを何とかしようと、アヘン剤を使い始める人がよくいます。その後、日常生活でのストレスや重圧による痛みに対処するためにアヘンを使用できることに気づきます。身体的な痛みと精神的な痛みに同時に対処できるため、鎮痛剤がもたらす快感を楽しむようになるのです。しかし、薬物、アルコール、セックス、ギャンブル、その他の依存症で痛みをごまかしても、痛みの原因を根本的に解決することはできず、新たな問題を加えて痛みを悪化させる可能性が高いのです。

関連トピック

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • note
  • クリップボードにコピー